製品

Wi-Fiがあり、Morse Micro Wi-Fi HaLowがあります

Morse Microは完全な Wi-Fi HaLow 接続ソリューションを提供します。 MM61xxファミリのSoCはシングルチップ・ソリューションであり、それぞれIEEE 802.11ah規格に従って設計された無線、PHY、MACの各セクションが組み込まれており、最大43.3Mbpsのデータレートをサポートしています。 この規格では、サブ1 GHz ライセンス免除の RF 帯域での動作が規定されています。 MM61xxの無線は、世界中の850MHzから950MHzの間のこれらの帯域でのプログラマブル動作をサポートしています。

MM61xxのRFインターフェイスには、一般的な低消費電力、低コストのデバイス用のオンチップ増幅、または超長距離アプリケーション用の追加の外付けPCBマウントパワーアンプ(PA)またはフロントエンドモジュール(FEM)のいずれかを使用するオプションが含まれています。 RFレシーバは超高直線性LNAを特長としており、多くのアプリケーションで外部フィルタを使用する必要がありません。

バッテリ駆動アプリケーションは、MM61xx の機能の組み合わせでサポートされています。 IEEE 802.11ah規格とMorse Microの低消費電力設計の専門知識を組み合わせることで、バッテリ駆動のSTAクライアントデバイスのスリープ時間の延長と低消費電力を実現し、以前のIEEE 802.11a/b/g/g/n/ac/ax世代よりも長い持続時間を提供します。

いくつかのSKUは、低消費電力32b RISC-Vコアをベースにした堅牢で独立したホストアプリケーションプロセッサ(HAP)を追加します。 Morse Microのお客様は、Wi-Fi HaLow アプリケーションのPCBサイズとコストを最小限に抑えるために、最も高度に統合されたSOCソリューションのために、HAP上で動作コードを実行するように移行できます。

MM610x ファミリの機能

低消費電力、長距離IoTアプリケーション用のシングルチップ IEEE802.11ah Wi-Fi HaLow トランシーバ

世界中のサブ1 GHz周波数帯域をサポートする無線

外部PAオプションをサポートするオンチップ・パワーアンプ

超低電力動作モードをサポートするパワーマネジメントユニット(PMU)

幅広いセキュリティ機能

SDIO 2.0 および SPI ホストインターフェイスのオプション

GPIO/UART/I2C/PWM 周辺機器オプション

6 x 6 mm QFN48 パッケージ

Morse Micro HaLow SOC がアプリケーションにどのようなメリットをもたらすかを知りたいですか?

POWER UP YOUR
BUSINESS WITH
MORSE MICRO

Learn more about Morse Micro with exclusive access to our events and newsletters. We’d love to hear from you!